記事一覧

市川市本八幡にて「家族信託・相続税」セミナー、個別相談会を開催します!

平成31年2月2日(土)、3日(日)、4日(月)に、税理士法人三田会計(船橋市)と合同で「家族信託・相続税」について、一般の方向けのセミナー・個別相談会を以下のスケジュールで開催します。 2日(土)全日警ホール(市川市八幡市民会館) http://www.city.ichikawa.lg.jp/cul01/1111000075.html 3日(日)4日(土)市川市
続きを読む >>

年末年始 営業日のお知らせ

拝啓  師走の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、〇〇株式会社では年末年始の休業日につきまして、下記のとおり休業日とさせていただきます。皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご理解の程お願い申し上げます。                                                   
続きを読む >>

「家族信託」のご相談、承ります!

ここ数年で一気に注目を浴び、NHKや新聞・経済雑誌、不動産・金融・保険関係のweb記事等で取り上げられることが多くなったのが「家族信託」です。一般のご相談者様はもちろんのこと、お取引先の不動産会社様等を通じて「相談したい」という声も良くいただくようになってきました。かなり普及してきたとはいえ、家族信託は最新の法務・税務・判例・先例等の情報に精通していないと、信託契約内容の設計段階で大きなミスを冒し
続きを読む >>

サンケイリビング新聞社(千葉支社)にて「家族信託」についてのセミナーを開催します

サンケイリビング新聞社(千葉支社)にて、家族信託についてのセミナーを開催します。-------------------------------------------------------------■日時:平成30年9月29日(土)14:00~15:40■場所:サンケイリビング新聞社千葉支社(千葉市中央区新町3-13千葉TNビル5階)■主催:サンケイリビング新聞社(※申込みは、「サンケイリビン
続きを読む >>

(直前告知)船橋駅前会場にて「相続(資産承継)・民事信託(財産管理)セミナー」を開催します

9月8日(土)、9日(日)、10日(月)に、船橋駅前の3会場にて、税理士法人三田会計様合同で、相続(資産承継)・民事信託(財産管理)についてのセミナー・個別相談会を実施します!自宅や収益アパート等の不動産や、預貯金・証券等の金融資産のみならず、会社経営者の方の自社株や事業用資産をどのように次世代に承継させていけばいいのか、高齢になってからどのように管理すればいいのか、超高齢化社会を迎える中、どなた
続きを読む >>

”不動産会社向け”合同勉強会開催のお知らせ

9月6日(木)に船橋駅前の船橋市勤労市民センターにて「不動産会社様合同勉強会」(第3回)を開催します。今回は”不動産取引に強い”弁護士の武田祐介先生に講師を務めていただき、「不動産売買取引における説明義務の注意点」をテーマにお話しいただきます。最近は不動産売買についての取引トラブルで訴訟にまで発展するケースが増えてきました。訴えられるのは売主だけではなく、不動産仲介会社も、、、、ということも少なく
続きを読む >>

船橋駅前3会場にて「相続・家族信託セミナー」開催します

9月8日(土)9日(日)10日(月)に、税理士法人三田会計様と合同で、今年4月に引き続き2回目の「相続・家族信託セミナー」開催します。セミナー後には個別の相談会も行いますので、皆様のそれぞれのお悩みも個別に相談できます。□これからの相続が気になる方□既に相続が発生して手続きが必要な方□財産の引き継がせ方でお悩みの方□万が一認知症になってしまった場合の財産管理が不安な方など、お悩みがある方はぜひご参
続きを読む >>

【お知らせ】船橋市にて相続・家族信託のセミナー・個別相談会実施中

5月18日(金)から20日(金)までの3日間、船橋市勤労市民センターと三山市民センターにて相続と家族信託のセミナーと個別相談会を実施中です。まだ予約枠はありますので、ご興味のある方はお電話を! 
続きを読む >>

【コラム】(連帯)保証人の消滅時効援用

【消滅時効の基礎知識】債務者が金融機関等からお金を借りていて、途中からまたは最初から弁済せずに一定の期間が経過すると(時効の中断事由がなく、途中で訴訟や支払督促(簡易裁判所)などの法的手続きをとられていない場合)、債務者は「消滅時効の援用」を行い、債務の支払義務を消滅させることができます。これを消滅時効といいます。時効の援用ができる「一定の期間」とは個人間のお金の貸し借りなら10年間、金融機関から
続きを読む >>

【コラム】子どもがいない不動産所有者は必須!「遺言書 」を作成しておかないと、後がこんなに大変です。

亡くなった方の財産の相続手続きにおいては、どのような分け方を行おうが、または特定の1人がまとめて相続をしようが、相続人全員の合意が必要となります。そして、その合意を証する書類として「遺産分割協議書」等の書類に全員が署名し、実印で捺印した上で、印鑑証明書も提出する必要があります。ただしこれには2つの例外があります。1つは相続人が1人しかいない場合。合意をする相手がいないので、相続放棄をせずに財産を相
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
登記や法律の無料相談実施中!0120-979-250

お知らせ・最新解決事例

ページ上部へ戻る