【相続解決事例】遠方に住んでいた兄弟が亡くなったMさん

【遠方に住んでいた兄弟が亡くなったMさん】

Mさんは北海道の旭川市に住んでいます。茨城県稲敷市に住んでいた兄が亡くなったのですが、兄はずっと独身で子どももなく、また両親も既に他界しています。Mさんは亡くなった兄と妹の3人兄弟なので、Mさんと妹が相続人です。

北海道と茨城を行き来するのは大変でしたが、何とかお葬式を済ませ家もある程度は整理しましたが、ずっと家を空けるわけにもいかないため北海道に戻らなければなりません。

また兄は所有していた一戸建てに住んでいたのですが、親族はみんな北海道に住んでいるため、誰もこの家を使う予定はありません。そのため土地・建物の名義変更(相続登記)を行った上で売却を考えていましたが、なにせ遠方なのでどうしようかと悩んでいました。

 

その際に遺品整理を頼んでいた業者さんからひまわり司法書士法人を紹介され、相続登記を依頼することにしました。

その他にも相続税のことや不動産売却についてもひまわり司法書士法人で、税理士・不動産会社と連携して対応することができました。

 

登記や法律の無料相談実施中!0120-979-250

お知らせ・最新解決事例

ページ上部へ戻る