【相続解決事例】遺産整理業務・八千代市・Sさん

 八千代市のSさんの両親は実家の岩手県で暮らしていました。Sさん含め3人の娘がいるのですが、結婚や就職で3人の娘は全員首都圏で暮らしています。

 実家の両親は、数年前から体調を崩し、母には認知症の症状も出てきたのでSさんは両親を岩手から千葉へ呼び寄せ、父は近くの病院へ母は介護施設へ入所させました。

 

 そのうちに父が亡くなったのですが、その時には母はかなり認知症が進んでおり、父の死を理解できるかどうかわからない状況でした。告げるべきかどうするか悩んでいるうちに今度は母が体調を崩し急に息を引き取ってしまったのです。

 長女であるSさんは相次いで両親の葬儀などを済ませたのですが、次に降りかかってくるのが相続の手続きです。幸い3人の姉妹は仲が良く、遺産争いになることはないのですが、2人の妹は「難しいことはわからないからお姉ちゃんに全部任せる」という状態でした。

 父は入院、母は介護施設に入っていたので、Sさんは生前から2人の通帳類は管理していて、いろいろな支払いや年金の管理なども行っていました。そのためどの金融機関に口座があって残高がどれくらいということは把握しているのですが、相続手続きのために金融機関に連絡をとり、手続きの流れや必要な書類の説明を受けましたが、あまりの手続きの煩雑さに途方に暮れてしまいました。Sさん夫妻は共働きなので、ただでさえあまり時間がありません。他にも不動産もあると話したところ、金融機関の担当者の方から「それならば司法書士に依頼されたらいかがですか?多分全部代行してくれますよ。」という話を聞き、当事務所にご相談いただきました。

 

 Sさんは仕事の関係上、なかなか事務所まで相談に行くことができません。そのため日程を調整して司法書士がSさんの職場まで行ってお話を聞きました。Sさんの意向としては

・とにかく自分はあまり時間がないので代行できる部分はすべてお願いしたい

・実家の土地・建物は売却する予定なので早めに名義変更してほしい。姉妹で話し合って代表してSさん名義にすることで話はついている。

・預貯金についてはまだちゃんと決まっていないが、3等分するつもり。

 

 そこでSさんに、「遺産整理業務」という相続の名義変更手続きを丸ごと代行するサービスを説明したところ、Sさんは「遺産整理業務」を依頼することにしました。印鑑証明書や住民票などご自身で取得していただきたい最低限の書類を案内し、戸籍関係書類、登記簿謄本・評価証明書など不動産関係の書類、残高証明書などの金融資産に関係する書類などのその他の手続きに使用する書類は司法書士で代理取得することにしました。

 

 相続手続きには、被相続人(亡くなった方)の出生から死亡まですべての戸籍が必要になります。Sさんの両親は住民票は千葉に移っていましたが、本籍地は岩手のままだったので、岩手の実家がある市役所に戸籍の請求を行い戸籍を集めていきました、なおこのケースの場合、母の相続手続きも同時並行で行いますので、母の結婚前(いわゆる嫁入り前)の戸籍もすべて収集し、戸籍調査を終えました。なお、このケースでは手続きを行う金融機関が複数存在するため、その後の手続きをスムーズに進めるために、平成29年から新しく始まった法務局の「法定相続証明制度」を利用し、父・母の法定相続情報一覧図を作成して進めていきました。

 

 本来であれば次に財産調査を行って残高証明書や不動産の評価証明書などを取得し、遺産の分け方の参考資料としてもらうのですが、今回は「不動産を早く名義変更したい」とのご意向があったため、先に不動産に関してのみの遺産分割協議書を作成し、3人の相続人全員にご署名・ご捺印していただきました。その結果、先に不動産の名義変更を早めに行うことができました。その売却については、ご実家近くでSさんの同級生のお宅が不動産業を営んでいるそうなので、そちらに任せるとのことでした。

 

 なお、所有者が亡くなった不動産の場合、不動産の名義変更(相続登記)を行った後でないと売却することができません(売主が故人になってしまっており、存在しないから)。法定相続分で相続する場合でも同様です。

 

 預貯金については当初の予定通り3等分することに決まったとのことで、別途預貯金に関しての遺産分割協議書を作成し、当事務所が相続人の代理人として金融機関とのやり取りの窓口になりながら手続きを進め、父・母名義の口座をすべて解約し、最終的には3人の口座に均等にお金を振り込み手続きを完了しました。

 

 「専門家に相続の相談をするのは遺産争いの時だけだと思っていました。手続きをすべて代行してくれるなんて知りませんでした。なかなか時間がとれないので楽チンでとても助かりました。全部自分でやることを想像するとゾッとします。」とSさんにもご満足いただきました。

登記や法律の無料相談実施中!0120-979-250

お知らせ・最新解決事例

ページ上部へ戻る