3ヶ月後の相続放棄をお考えの方へ

相続放棄は原則として、相続が開始したことを知ったときから3ヶ月以内に手続きをとらなければならないことになっています。亡くなってから3ヶ月の期間が経過した後、借金の請求がきて、そこで初めて借金の存在を知った場合でも、放棄をすることが出来ないということになります。

しかし、ご安心ください!これまでの判例によると、自分が相続人という立場であると知り、借金の存在を知った時から3ヶ月を経過した後でも、債務(借金など)の存在を知らなかった場合など一定の要件を満たせば、相続放棄の手続きをすれば相続放棄が受理されることがあります。(例外ではあります)

ただし、相続を専門に取り扱っていない司法書士や弁護士では、「3ヶ月以上経過しているのであれば相続放棄はできません」という返答をされることが一般的です。

しかし、当事務所は3ヶ月期限を越えた相続放棄をこれまでにも多数相談を受け、家庭裁判所に受理されてきた実績があります。3ヶ月期限を越えた相続放棄は、実績のある当事務所にご相談下さい。

 

3ヶ月後の相続放棄における判断基準

3ヶ月後の相続放棄が認められないケースは以下の通りです。

1.相続人として亡くなった方の財産を受け取った、処分した場合
2.相続財産を隠すなどの背信行為をしたとき
3.自分が相続人であること、借金があることを知っていたとき

この場合、プラスの財産もマイナスの財産も全て受け継ぐ「単純承認」をしたとみなされます。借金の存在を知った場合は何も手をつけず、まずは専門家に相談した方が良いでしょう。

 

3ヶ月期限を超えた相続放棄を依頼する専門家は慎重に選びましょう

通常、相続放棄は、相続発生後3ヶ月以内でなければ、家庭裁判所に受理されることは非常に難しくなってしまいます。

期限切れ後の相続放棄を依頼することをご検討されている皆様にとっては、相続放棄が家庭裁判所に受理されるチャンスはたったの1回です。もし、受理されなかった場合には多大な借金を背負う事になります。 また、経験や実績の少ない専門家に任せてしまうと、相続放棄が受理されずに、一生が台無しになるような大きな借金を抱えてしまう可能性もあります。依頼する専門家は慎重に選ぶ事が必要です。

 

3ヶ月を超えた相続放棄の相談実績が多数あることが当事務所が強み!

1.徹底したヒアリングを行います

im_soudan2期限超えの相続放棄を受理してもらうためには、十分な理由と 納得させるための提出書類(申述書)の作成が重要です。
当事務所では、当時の状況や事実関係がわかるまで、時にはお客様に 思い出して頂けるまでしっかりとお聞きいたします。
その上で、 あらゆる手段を尽くして、決め手となる証拠を一緒に収集します。

2.綿密な申述書の作成

頂いた膨大な量の情報とヒアリングをもとに、事案ごとに受理されやすい申述書を作成します。
経験とノウハウを屈指して、成功率の高い申述書を 作成いたします。

3ヶ月超えの相続放棄の申述書提出のチャンスは、1度限りです。1度失敗したらその時点で相続放棄はできません。高い成功率を獲得するために、当事務所は複数の専門家で対応しております。

 

これまでの解決事例の一部をご紹介

お客様の声のご紹介

3ヶ月を超えた相続放棄

項目 サービス内容 フルパックプラン
84,000円
相続放棄
徹底診断
あなたが本当に相続放棄を行なうべきか、損を しないかどうか、専門家が診断を行ないます。
戸籍収集 相続放棄に必要な戸籍収集をおこないます。
相続放棄
申述書作成
相続放棄を申請するための申述書を作成します。
書類提出代行 家庭裁判所への書類提出を代行します。
照会書への回答
作成支援
家庭裁判所からの質問に対する回答書の作成代行をします。
受理証明書の
取り寄せ
家庭裁判所が相続放棄を受理したことの証明書を取り寄せます。
債権者への通知 相続放棄が成立した事を債権者に対して通知するサービスです。

 ※戸籍取得、収入印紙、郵送代など別途、実費が発生します。また、事案の内容によっては追加で費用が発生することもございますので、ご了承ください。


登記や法律の無料相談実施中!0120-979-250

お知らせ・最新解決事例

ページ上部へ戻る