お知らせ・最新解決事例

交通事故の保険会社からの示談金提示に泣き寝入りしないでください。

保険会社から提示された保険金額の相場が分からず示談できない・・・
保険会社から提示された示談額に納得していない・・・
物損やむちうち程度の軽症なので、保険が少なくても仕方ないと諦めている・・・
保険会社の担当者とは直接交渉したくない

交通事故の被害に遭ってしまったら、その先はどうすればよいのか、多くの人が迷い、不安な気持ちになってしまうと思います。
もちろん、怪我の治療が第一優先ですが、怪我の治療が終われば、加害者が加入をしていた保険会社から示談金の提示があります。

ここで、保険会社が提示する賠償金額が、裁判で認められる賠償金額や弁護士が代理人として交渉する場合に比べてかなり低額であることはあまり知られていません。
多くの方が、保険会社が提示した保険金額を当たり前に受け取っていますが、実は、司法書士などの法律家が介在し、保険会社が提示する示談金が適正かどうかを判断し、納得できない場合には不服を申し立てて、もっと多くの示談金を得ることができるのです。

特にむちうちなどの人身事故の和解額は30万円~100万円程度で、弁護士に相談しても相手にしてもらえず、また、相談するほどでもないということで泣き寝入りをしている方々も非常に多くいらっしゃいます。

しかし、弁護士特約に入っていれば司法書士等への報酬は保険会社から支払われるうえ、自賠責基準と比べほぼ倍以上の金額で和解することができます。保険会社が提示した賠償金額と、私たち司法書士が介入して最終的な示談金額に3~4倍の差が出てしまうことも少なくありません。

当事務所では、死亡事故事案、後遺障害事案当について多数の解決実績があり、むちうちなどの軽症でもご相談に対応しております。お気軽に当事務所にご相談下さい。

 

交通事故に遭った場合には、相談経験豊富な司法書士に相談

交通事故は、被害にあったときよりも、それからが大変です。
まず、被害者・加害者ともに連絡を取り合うのは、想像を絶するほどストレスがかかります。

さらに損害保険会社などからの、圧力は精神的に持ちこたえられないほどの追い込みです。

そういったときは是非、当事務所にご相談下さい。
交通事故など経験したことがない、あなたより専門家である私たちは、あなたから、そういった精神的な圧力から逃れる術を教えてくれます。

認定司法書士は、 「140万円以下(簡易裁判所管轄)の額面の法律事案に関して、弁護士と同様に相手方との示談交渉、調停、訴訟手続き」 をする事ができます。

ただし、行政書士は弁護士と違って示談交渉や裁判の代理などはできません。また司法書士も140万円を超える額面の交通事故に関する示談交渉等は対応できません。そのような場合には、交通事故問題に精通した弁護士事務所に依頼し、皆様の問題が全て解決するまでサポートさせていただきますので、安心して当事務所にご相談下さい。

こんな場合には、弁護士よりも司法書士に相談すべき!

「物損事故やむちうち程度なので、弁護士に相談するほどでもない」
「こんな少額なのに、相談して大丈夫なのか・・・」

自転車の損害、建物や塀などの損害、むちうち、事故時に着用していた衣服などの損害、ペットの死傷による損害など、事故の規模や依頼料金の負担等から考えて弁護士に依頼するほどでもない場合や、交通事故に対して専門的な知識を持っていない弁護士に依頼するよりも、交通事故に詳しい司法書士に依頼した方が、適正な書類を作成できるため、後から「後遺症が出るかも」といった場合や「相手方から、何か後になって交渉されてきた場合が心配」などの心配があるときは、司法書士に書類作成を依頼することをオススメします。

また、交通事故に対して全く知識の無い弁護士もいますから、そういった役に立たない弁護士に依頼して、損をするより、しっかりとした交通事故に対する知識を持っている司法書士に依頼するほうが、得策でしょう。

ページ上部へ戻る