【相続解決事例】不動産の遺産分割で危うく多額の相続税を支払うところだったSさん(船橋市)

Sさんには船橋市内の実家(一戸建)で生活する80代の両親がいました。

実家の土地・建物は父名義ですが、他にも市内にいくつかの土地を所有しており、地元の企業に駐車場として貸している土地や、特に何に使用することもなく空き地になっているままの土地もありました。父には多少の預貯金はありましたが、財産と呼べるもののほとんどを不動産(特に土地)が占めているという状態でした。

その父が亡くなったのですが、四十九日の法要の際に、母が「土地は私の名義にしてもしょうがないから、あなたたち子ども二人で話し合って決めなさい」と言われました(Sさんは妹と2人兄弟です。)。二人で話し合った結果、あの土地はSさん、この土地は妹、という形でスムーズに協議がまとまりました。

そして不動産の相続登記を依頼したいということで司法書士に相談したSさんですが、司法書士に「土地の評価額を合算するとかなりの金額になります。おそらく相続税の申告が必要になりますが、このままだとかなりの税額になると思われます。お母様にも一部相続してもらえば配偶者控除や小規模宅地特例という制度がありますので相続税額を抑えることができるかも知れません。ちゃんと税理士を立てて、計算してみてから分け方をもう一度考えませんか?」と提案され税理士に計算してもらうことに。

その結果、自宅の土地・建物など母にある程度相続してもらった方が納税額をかなり抑えられることが分かりました。

そして、母が亡くなった場合の2次相続対策も考えながら、再度3人で土地の分け方を協議し名義変更(相続登記)行いました。もし当初のプラン通り子ども2人で分けていたら、相続税を高く払うことになりかねなかったので、アドバイスを聞いて3人とも安心して手続きを依頼することができました。

 

登記や法律の無料相談実施中!0120-979-250

お知らせ・最新解決事例

ページ上部へ戻る