【ニュース】相続税の「遺言控除」制度新設。遺言書作成により相続税を減税。

政府は平成29年度税制改正で、有効な遺言による相続を条件に、一定額を相続税の基礎控除額に上乗せして控除する「遺言控除」を新設する方針を固めました。

詳細な条件はこれから審議するようですが、有効な遺言書を作成しておけば、資産の額によっては数百万円程度の相続税の節税に繋がるようです。

これまでは遺産をめぐる争いを予防するために作成するという意味合いが強かった遺言書ですが、「遺言控除」の新制度により、争いになる可能性が低い場合でも、残される大切な家族のために、しっかりと遺言書を残す必要性が出てくると思います。

大切な家族やお世話になった方々に、迷惑をかけずにしっかりと財産を残すためにも、遺言書の作成を検討されてはいかがでしょうか?

当事務所では税理士と提携して、有効な相続対策として遺言書作成の相談を随時受け付けております。いつでもお問合せください。

お知らせの最新記事

登記や法律の無料相談実施中!0120-979-250

お知らせ・最新解決事例

ページ上部へ戻る